Instagram

SNSでブランディングしやすくなるinstagram(インスタグラム)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

instagram(インスタグラム)でブランディングを行っていますか?

5億人を突破したinstagram(インスタグラム)、企業がやるメリットがないと考えているマーケティング担当者はいないのではないでしょうか。
オウンドメディアとして、Twitterより扱いやすく適度な距離感を保てるinstagram(インスタグラム)は企業が持つSNSアカウントとしてうってつけです。

写真の投稿のみでテキストは短くていい

現代人は忙しい。
毎日の情報量は10年前の何十倍、何百倍、人によっては数千倍変わってきています。
文章を読む時間がないくらい忙しい。そこで登場したinstagram(インスタグラム)。

instagram(インスタグラム)はテキスト主体のSNSから画像主体のSNSへとユーザーの文化を変えて行きます。
広告の流れはテキスト>写真>動画となっていますが、ユーザーはやっとテキストから写真に移ったあたりでしょうか。

企業の担当者も、FacebookページとTwitterはあるというところはありますが、まだまだinstagram(インスタグラム)は手探りの状態。

何をしていいかわからない企業は下記をご参考ください。

【instagram(インスタグラム)応用編】事例を含めて解説!instagram(インスタグラム)を使った企業ブランディング術
http://sogyotecho.jp/instagram-master/

実践してはいるけども、なかなか拡散しないという担当者もいらっしゃるかもしれません。

そこで、おすすめしているのが、モニターサービスである「SNSモニター」です。

SNSモニターであれば、必ず商品・サービスの紹介をされた上である程度期待できる画像と影響を手に入れることができます。

さらに、今後はスマホで表示される広告がどんどん減ってきています。
iPhoneのSafariは、標準で広告を表示しない設定ができますし、
広告ブロックのアプリが合法という判断もされています。

ネット上の記事から広告を消すAdblockは合法であると裁判官が判断した理由
http://gigazine.net/news/20161213-adblock-plus-legal/

その点、SNSモニターであれば、実際につながっている方々に表示させることができるので影響度は広告より高いです。

SNSにも広告メニューがありますが、ターゲットを絞り込んで編みを張るイメージ、モニターは一本釣りに近いイメージ。どちらが有効かは商材によりますが、一人ひとりを確実に獲得していくには有効な手段かと思います。

どのような業界でも試してもらうことによってその評価を得られることができます。
例えば、映画の試写会などです。あとは、飲食店の試食会なんかもそうですね。

商品を試している方が、いてそれが一般の方であればなおさらその信憑性は高いはず。
その点を確実にとらえつつブランディングしていくのが良いのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSモニター資料

SNSモニターにご興味はありますでしょうか。

貴社の商品を最大限活用できるサービスを限りなく導入しやすい料金で実現します。

ご検討ください。

資料はこちらから

コメントを残す

*