SNS

クチコミは、モノを売るためではなく、「コト」を売るための手段

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コスメサイトやSNSのクチコミを軽視していませんか?

ほとんどの企業が、まだまだクチコミを軽視しています。

良い商品だったら、いずれ、誰かが、クチコミをしてくれるだろうと。

そんなことはまず起こりません。

いや、起こることはありますが、実際にはそれは誰か他の人が
意図的にお願いしてクチコミをしてくれていることが多数です。

それは、店舗の販売員だったり、あまりにも良い商品だと思った人が勧めたとかでしょうか。

思惑はどうあれ、クチコミサイトやSNSのクチコミは商業的な部分が多くあります。

インフルエンサーの人も、意図的にクチコミを起こしています。
それはべつにステマだと言うわけではありません。

お金をもらっていなくても、商品を掲載することがあるのです。

ネタ切れというよりは、自身のブランディングのために商品を掲載します。
それで、それを見た読者が商品を購入したりします。
少しでも影響力を与えたい人が自身のブランディングのために、自身の個性を出すために掲載して世界観を演出(ブランディング)していくのです。

化粧品や健康食品は巷で溢れかえっています。

どう差別化しようが、結果を求める時に大事なのは、

誰が、どのように、どうやって、いつ、なにを、どこで使っているのか

そいうったものが購入する時に気になるのであって、商品単体の「なに」に対してのみ反応する人はほとんどいないでしょう。それは日用品、生鮮食品と同じ扱いになってしまいます。

企業として「コト」をどのようにとらえていくか

例えばリピート通販を考えている場合に、商品のブランディングは必須です。

常に、「良い商品」と思ってもらえないと定期購入の解約が発生するからです。

販売促進で新規獲得をすることに注力しつつ、リピート率を維持するために既存顧客にもアプローチできる方法が「クチコミ」です。

クチコミは、既存顧客にも新規顧客にも有効に活用できます。

自社サイトのクチコミより、SNSや大手クチコミサイトでのクチコミが客観性が高いように見えて効果的です。

現在は「コト」消費の時代です。

化粧品や健康食品という「モノ」を購入するというより、

化粧品や健康食品を使用して「コト」が起きることを期待しているのです。

痩せることだったり、キレイになることだったり。

現在は通販ですら、「コト」消費の時代なのです。

「コト」を大事にするということは、クチコミを大事にするということです。

クチコミは、他社の「コト」をリアルに感じることができるからです。

それは、モニターの方々の意見をクチコミにするだけでも得られる体験です。

「誰が」クチコミをしたのかの単体だけでは「コト」がわかりません。

誰が、いつ、どこで、どうやって、なにを使っているのか

そういったことがたくさんある商品が売れるのです。

そして売れるサイクルに入ったら、新規だろうが既存だろうが、その「コト」に魅せられてお客様になります。

クチコミがより大事になってきているのはそういった環境の変化があるからです。

クチコミはモノを購入させる手段ではなく、コトを選ばせる手段です。購入のためだけにクチコミを作ると目先のKPIに引っ張られます。ブランディングをしっかりと行い、コト消費にしていくことで商品の安定的な販売を目指していきましょう。

モニターによるクチコミにご興味があればお問い合わせください。

SNSモニター資料

SNSモニターにご興味はありますでしょうか。

貴社の商品を最大限活用できるサービスを限りなく導入しやすい料金で実現します。

ご検討ください。

資料はこちらから

コメントを残す

*