SNS

テレビ(マスメディア)をみなくなり、スマホ(SNS)ばかり見ている消費者へのアプローチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

化粧品業界に新規参入、または通販事業に新規参入する際には
当然自分たちの強みをもって参入してくることかと思います。

ただ、商品力や売る力があるとしても、認知が進んでいないとなかなか
お客様に情報が届くことはありません。

現在のユーザーの消費者行動における利用方法は概ね下記のイメージです。

おそらくネットでこれを見ている方もスマホを活用されていると思います。
スマホの利用の中で圧倒的に地位を占めているのが、SNSです。

LINE、Facebook、Twitter、instagram等など、すでにご利用頂いておるかと思います。

そんな中で、お客様がどれだけテレビを見ているか
年々低下傾向にあるんですね。特に化粧品の購入者層に特に影響があります。

参考
http://www.garbagenews.net/archives/2170320.html

何が言いたいかといいますと

今、SNSに対してなにもしていないのであれば、
費用対効果が悪かったり、購入単価が高いのも当然です。

お客様不在の広告を行っているからです。

お客様は、単純な検索ではなかなか購入に至らなくなりました。

お客様は、マスメディアをみなくなりました

さらにお客様は、わかりやすい広告バナーに反応しなくなりました。

マーケティングに携わっている方であれば肌で感じておられるのではないでしょうか。

新規獲得はできているけど、大きく売り上げるのはたまに口コミが盛り上がっているとき

リピート通販で引上率がいいのは、同梱物を変更したときよりも、口コミサイトで上位表示されるようになったとき

他社と同じ取り組みをしても、資本力の高いところ、いわゆる大手が勝つのです。
他社と違う取り組みをしたものが、費用対効果のよい方法や反響を勝ち取ることができます。

今、SNSに注力した方がよいと思える理由はそこにあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSモニター資料

SNSモニターにご興味はありますでしょうか。

貴社の商品を最大限活用できるサービスを限りなく導入しやすい料金で実現します。

ご検討ください。

資料はこちらから

コメントを残す

*